大人になってからも注意してくれる人(夫・嫁・両親・親友)を大切にする。


注意してくれる身近な人に感謝する。

注意してくれる身近な人に感謝する。

大人になると、人に注意してもらえることが少なくなります。

子供であれば、それを注意してくれる親や大人がいたわけですが、
大人になるとよっぽどのことがないかぎり誰も指摘してくれないものです。

仕事に対してであれば、職場の上司が注意してくれるかもしれませんが、
プライベートでの素行については、ほとんどの上司は関心がないのです。

つまり、大人になると、ほぼ自己責任で考えて行動しないといけません。

悪い事を悪いと気づけるのが自分であり、直すのも自分次第になってきます。

それは、本当に難しいことで、大変なことになります。

そう考えたとき、もし大人になってからも、
人としてのあり方を注意してくる人があなたの周りにいれば、
それは本当にありがたいことだということです。

その人こそ大切にしないといけません。

ですが、大人になると、どうしても変なプライドがついてしまい、
他人から人としてのあり方を注意されることに強い抵抗を感じます。

そして、そんな人を遠ざけようとしてしまいます。

もう一度言いますが、そんな人こそ大切にしないといけません。

もしあなたが、夫(嫁)や両親、親友から、
人として注意してくれることに嫌気がさしていたのなら、
今後はそれを改めて、逆に感謝してください。

大人になると、誰もがあなたに無関心になっていきます。

あなたに真剣に向き合ってくれる人は、本当にごく少数です。

その少数の人をありがたい存在だと気づき、受け入れましょう。

大人になってから注意してくれる大切な人に気づいてください。





診断テストの紹介

自己分析診断テスト「ポテクト」で強み・弱みを徹底分析! 無料版あり

自己分析診断テスト「ポテクト」で強み・弱みを徹底分析! 無料版あり

おすすめ本の紹介

自分の小さな「箱」から脱出する方法

身の周りの人間関係はすべて自分が原因で引き起こしている。それこそが、本書のいう「箱に入っている状態」である。「どうして彼は問題ばかり起こすのか?」「なぜパートナーは勝手なことばかり言いだすのか?」 こうした問題を、私たちは「相手の問題」と考えがちだが、本当の問題は「自分」にある。
読み進めるうちに、家庭や職場での人間関係を深め、十分な成果を出す環境を作る方法を学べる。世界的ベストセラーであり、日本でも25万人が読んで大反響を巻き起こした名著。

俺とオレ ~さよなら大嫌いな自分~

自分をよく見せたくてつま先立ちで歩き続ける。そんな日常を送ることに限界がきた俺は、胡散臭い男の紹介で「おばあちゃん」と暮らしはじめる。これまで抑圧してきた自分の内面と向き合い、導き出された答えとは……。仕事も恋も上手くいかない23歳の新社会人を変えた一夏の田舎暮らし。
人の目ばかり気になる、人間関係に疲れた、自分なんて大嫌いだ。そんなつま先立ちの人生から自分を解放しよう。

関連コンテンツの紹介