今できることを考え、ベストを尽くすしかない。


そっか、今できることをするしかないんだ。

そっか、今できることをするしかないんだ。

いかなる状況であっても、今できることを考え、ベストを尽くすしかない。

人のせい、環境のせいにしても解決しないし、かえって心が苦しくなるだけ。

やめる選択はいつでもできるが、やめない選択は、今しかできない

やれるかやれないかでなく、やりたいかやりたくないかで決める

だから、頭を駆け巡る堕楽の選択を振り払い、今できるベストを尽くす

困難にぶつかったときには、そう考えるようにしています。

人は、どうしても辛い状況に追い込まれると、楽な道を選びたくなります。

他人や環境のせいにすることで、人は心を満たそうとします。

そして、こんな苦しみから逃げようと、やめる選択をしてしまうのです。

たしかに、それにより一時的に心は開放されるかもしれませんが、
後になって後悔することになるかもしれないのです。

自分以外に原因を求め、逃げることは楽だと思えるかもしれません。

ですが、それは新しい苦しみを生み出します。

他人や環境は自分では変えられないものですし、
一度逃げてしまうと、もう戻ることはできなくなってしまうからです。

それは、生涯の後悔になるのかもしれないということです。

今は苦しいかもしれませんし、逃げたいかもしれません。

ですが、そんなときこそ自己責任で考え、今できるベストを尽くすことです。

今だけで考えると、ネガティブな感情からの支配から解放され、
ポジティブな感情が芽生えてきます。

どんな状況であっても、今できるベストを尽くすしかないのです。

先行きが不安でしかたがなくても、今できるベストを尽くすしかないのです。

苦しいとき、逃げる選択をするか立ち向かう選択をするかで人生が変わります。

逃げる選択は、生涯の後悔を生み出します。

今苦しいからこそ、将来を考えて今に立ち向かうのです。





診断テストの紹介

自己分析診断テスト「ポテクト」で強み・弱みを徹底分析! 無料版あり

自己分析診断テスト「ポテクト」で強み・弱みを徹底分析! 無料版あり

おすすめ本の紹介

自分の小さな「箱」から脱出する方法

身の周りの人間関係はすべて自分が原因で引き起こしている。それこそが、本書のいう「箱に入っている状態」である。「どうして彼は問題ばかり起こすのか?」「なぜパートナーは勝手なことばかり言いだすのか?」 こうした問題を、私たちは「相手の問題」と考えがちだが、本当の問題は「自分」にある。
読み進めるうちに、家庭や職場での人間関係を深め、十分な成果を出す環境を作る方法を学べる。世界的ベストセラーであり、日本でも25万人が読んで大反響を巻き起こした名著。

俺とオレ ~さよなら大嫌いな自分~

自分をよく見せたくてつま先立ちで歩き続ける。そんな日常を送ることに限界がきた俺は、胡散臭い男の紹介で「おばあちゃん」と暮らしはじめる。これまで抑圧してきた自分の内面と向き合い、導き出された答えとは……。仕事も恋も上手くいかない23歳の新社会人を変えた一夏の田舎暮らし。
人の目ばかり気になる、人間関係に疲れた、自分なんて大嫌いだ。そんなつま先立ちの人生から自分を解放しよう。

関連コンテンツの紹介