就職活動の自己分析では、客観的な自分の強み・弱みを知ることが大切です。自己分析診断テスト「ポテクト」は、あなたの資質を主観と客観の両面から徹底的に分析します。

分析結果の解説と活用

 

1. 分析結果の確認方法

ポテンシャライズ 自己分析診断テスト「ポテクト」 分析結果の確認方法

 特徴、職種、自己評価、客観的評価の「注目すべき資質」を確認できます。 [No.1]概要シート 2 ②職種適性 上位5位 ③自己評価 上位5位 ④自己評価 下位5位 ⑤客観的評価 上位5位 ⑥客観的評価 下位5位 ⑦自己評価と 客観的評価の 平均値上位5位 ⑧自己評価と 客観的評価の 平均値下位5位 ①強み弱みと 職種適性抜粋 ※分析値(数値)の読み取り方は、資料後半の【参考①】【参考②】ページを参照にしてください。  ①強み弱みと職種適性抜粋  ②職種適性上位5位 [No.1]概要シート①② 3 ①自己評価と分析結果の合計値が一番高い「自他共に認める強み」、自己 評価と分析結果の合計値が一番低い「自他共に認める弱み」、職種適性の 分析結果が一番高い「職種タイプ」が表示されます。 ここでは、まず自分の際立った特徴を知ります。 ②9種類の職業タイプから職種適性の上位5位を表示します。 【注意】上位には適性があり、下位には適性がないという受け取り方ではなく、 適性の高い傾向の順番と考えてください。自己分析版は分析値を平均化(【参考 ②】ページ参照)しているため、下位は必ず50以下の値となっていますが、平均 化前は下位でも50以上の高い分析値となるケースもあります。 例)営業職の方でデスクワーカーが上位となった場合、営業に必要な資料準備や 契約手続きなどでミスが無く、お客様の信頼を得られやすいと肯定的に捉えるこ ともできます。 9種類の 職種タイプ 結果が下位でも、適性がないとは考えない。POINT  ③自己評価上位5位、④自己評価下位5位  ⑤客観的評価上位5位、⑥客観的評価下位5位 [No.1]概要シート③④⑤⑥ 4 ③50種類の資質から自己評価の上位5位を表示します。 ④50種類の資質から自己評価の下位5位を表示します。 ※自己評価は、実施いただいた「自己分析アンケート(50問)」の入力結 果から算出しています。 ⑤50種類の資質から客観的評価の上位5位を表示します。 ⑥50種類の資質から客観的評価の下位5位を表示します。 ※客観的評価は、実施いただいた「傾向分析アンケート(150問)」の入 力結果から、これまでに蓄積した統計データに当てはめて算出しています。 評価の低い部分「弱み=悪い」とは捉えず、裏側の強み部分にも 意識を向けてください。 (例)弱み:慎重 → 強み:果敢POINT ④ ③ ⑥ ⑤  ⑦自己評価と客観的評価の平均値上位5位  ⑧自己評価と客観的評価の平均値下位5位 [No.1]概要シート⑦⑧ 5 ⑦自己評価と客観的評価の合計値の上位5位を表示します。 ≪算出方法の例≫(自己評価63+客観的評価55)÷2=合計値59 ⑧自己評価と客観的評価の合計値の下位5位を表示します。 ≪算出方法の例≫(自己評価42+客観的評価36)÷2=合計値39 自分と客観的を合わせた(自他共に認める)評価になるため、こ の分析項目は確信できる強み・弱みと考えることができます。POINT

 大分類で4系統に分けた場合の強み傾向と、その内訳を確認できます。 [No.2]系統別資質シート ①系統別 強み傾向と ランキング ③系統別資質 チャート ②系統別グラフ 6 客観的な分析結果 チャート緑色 自己評価の結果 チャート橙色  ①系統別強み傾向とランキング、②系統別グラフ [No.2]系統別資質シート①② 7 ①資質を大きく5系統に分けた場合の強み傾向と適性ランキングを表示し ます。 【注意】職種適性同様、上位には適性があり、下位には適性がないという受け取 り方ではなく、適性の高い傾向の順番と考えてください。自己分析版は分析値を 平均化(【参考②】ページ参照)しているため、下位は必ず50以下の値となって いますが、平均化前は下位でも50以上の高い分析値となるケースもあります。 例)精神系が平均よりも低いのでメンタル的に弱いと考えず、精神系よりも他の 4系統の方が強い傾向が出ていると考えることができます。 ②全5種類の系統別適性を表示します。 5種類の 系統 ② ① 結果が平均以下の系統が「弱み=悪い」とは考えない。POINT 上位の要素下位の要素  ③系統別資質チャート [No.2]系統別資質シート③ 8 ③5系統に含まれる資質の分析結果内訳を表示します。 橙色の線が自己評価、緑色の線が客観的評価となります。系統内 で、どの資質が強く、どの資質が弱く出ているのかを確認します。

 全ての資質の分析結果と、自己評価と客観的評価の適合度を確認できます。 [No.3]詳細シート 客観的な分析結果 グラフ緑色 自己評価の結果 グラフ橙色 9 客観的な分析結果 チャート緑色 自己評価の結果 チャート橙色 ③自己評価と 客観的評価の 適合度 ①職種適性の比較 ②全資質のチャート ④全資質のグラフ 各項目の説明  ①職種適性の比較、②全資質のチャート、③自己評価と客観的評価の適合度 [No.3]詳細シート①②③ 10 ①全9種類の職種適性を表示します。 ②全50種類の資質を、自己評価(橙)と客観的分析結果(緑)のレーダーチャー トで表示します。(前項の④は、②を同様に棒グラフで表示しています。) 強く出ている部分、弱く出ている部分、また自分が考えている自分(自己評価) と客観的に見た自分(客観的な分析結果)のずれている部分に注目して確認して ください。 【注意】特に強くも弱くも出ていない微小な強みや弱みに注目して、その微小な結果を過 剰に捉えてしまわないように気をつけてください。 例)平均よりも少しだけ低い結果を自分の弱み(弱点)と考え、その資質が必要な仕事を 自分が苦手なことと考えて消極的になってしまうことは、自ら可能性を狭めてしまうこと になります。 ② ① 微小な強み・弱みは平均的な結果と捉える。POINT ③ 上位の要素下位の要素 上位の要素 下位の要素 ③自己評価(橙)と客観的な評 価(緑)の適合度を表示します。 適合度が高い人は、自己理解できて いる人で、低い人は、自己理解がで きていない人、または適性検査で嘘 をついている可能性があります。 ほぼ一致 90%以上 おおよそ一致 85~90% まずまず一致 80~85% 少しずれがある 75~80% 一部ずれが気になる 70~75% ずれが気になる 70%以下 適合度

 ジョハリの窓で自己評価と客観的評価を比較して確認できます。 [No.4]ジョハリの窓シート 11 + - + - ③控えめな資質 ④眠っている資質 ①確信できる資質 ②気づかれにくい資質 ※ジョハリの窓とは...自分が知っている自分、他人が知っている自分を4つの窓(カテゴリ)に分類して理解することで、 他人とのコミュニケーションを円滑にする、心理学ではよく使われているモデル(方法)です。  ①確信できる資質、②気づかれにくい資質、③控えめな資質、④眠っている資質 [No.4]ジョハリの窓シート①②③④ 12 ①自他共に認める、確信できる資質(強み)の上位7位を主観(自己評価)と客観(客 観的な分析結果)の分析値とあわせて表示します。 自己評価と客観的評価の合計値が高い順にランキングしています。自己評価も客観的な分析結果も強み と判断している資質になるため、ここに表示される資質はほぼ間違いない強みと考えることができます。 ≪算出方法の例≫ 自己評価58+客観的評価62=120 ②自分が思っているよりも、他人が認めていない資質の上位7位を主観(自己評価)と客観(客 観的な分析結果)の分析値とあわせて表示します。 自己評価から客観的評価を引いた差が大きい順にランキングしています。自分は強みと考えているが、 客観的評価はそれほど強みと分析していない資質になるため、その原因・理由を考えてみてください。 ≪算出方法の例≫ 自己評価60-客観的評価38=22 ③自分が思っているよりも、他人が認めている資質の上位7位を主観(自己評価)と客観(客観 的な分析結果)の分析値とあわせて表示します。 客観的評価から自己評価を引いた差が大きい順にランキングしています。自分は弱みと捕らえているが、 客観的評価はそれほど弱みとは分析していない資質になるため、その原因・理由を考えてみてください。 ≪算出方法の例≫ 客観的評価59ー自己評価34=25 ④自他共に認める、眠っている資質(弱み)の上位7位を主観(自己評価)と客観(客観的な分 析結果)の分析値とあわせて表示します。 自己評価と客観的評価の合計値が低い順にランキングしています。自己評価も客観的な分析結果も弱み と判断している資質になるため、ここに表示される資質はほぼ間違いない弱みと考えることができます。 ≪算出方法の例≫ 自己評価32+客観的評価35=67 【注意】眠っている資質(弱み)が悪いわけではありません。弱みには必ず裏側の強みがあります。 ②③の差が出ている部分に注目して、そのずれを自分で認識することが今後の 自己成長に繋がります。自分と他人との評価の差を知り、ギャップを埋めるこ とで対人関係も円滑になります。 POINT ①確信できる資質 ②気づかれにくい資質 ③控えめな資質 ④眠っている資質

  ジョハリの窓で分類した各資質に対し、その資質を持つ人の「強み傾向」、 その裏側の「弱み傾向」を確認できます。 [No.5]アドバイスシート 13 ①確信できる資質の傾向 ④気づかれにくい資質の傾向 ③控えめな資質の傾向 ②眠っている資質の傾向   ①確信できる資質の傾向、②眠っている資質の傾向、③控えめな資質の傾向、④ 気づかれにくい資質の傾向 [No.5]アドバイスシート①②③④ 14 ①確信できる5つの資質に対し、この資質が確信できる人に見られる強み 傾向、この資質が確信できる人に見られる弱み傾向を表示します。 ②眠っている5つの資質に対し、この資質が眠っている人に見られる強み 傾向、この資質が眠っている人に見られる弱み傾向を表示します。 ③控えめな5つの資質に対し、この資質が控えめな人に見られる強み傾向、 この資質が控えめな人に見られる弱み傾向を表示します。 ④気づかれにくい5つの資質に対し、この資質が気づかれにくい人に見ら れる強み傾向、この資質が気づかれにくい人に見られる弱み傾向を表示 します。 【注意】傾向は、他人に当てはめたときに多く見られる傾向であり、人に よっては当てはまらないケースもあるため、真に受ける必要はありません。 「こんな傾向があるかもしれませんがどうですか?」という自問自答をうな がすためのアドバイスと捉えてください。 強みにも裏返した弱み部分、弱みにも裏返した強み部分があり ます。両面を理解することで、自分の資質をより深く理解して ください。 ③④の差が出ている部分に対し、傾向アドバイスから思い当た ることに気づくことで自己評価の捉え方が変化し、それが今後 の自己成長に繋がります。 POINT ①確信できる資質の傾向 ④気づかれにくい資質の傾向 ③控えめな資質の傾向 ②眠っている資質の傾向

 偏差値表示 【参考①】分析値の読み取り方 15 分析結果は偏差値表示となります。そのため、50が全体の平均、50以上が全体平均よりも高い、50以下が全体平均よりも低いと判断できます。 50を基準として、自分の資質の強み弱みを判断する。POINT 35 45 50 55 65 38% 24% 7% 24% 7% 分析値 傾向 65以上 かなり強い傾向 55~65 強い傾向 45~55 平均的な傾向 35~45 弱い傾向 35以下 かなり弱い傾向 分析結果を表す数値は、 50を平均として考える。 分析値の分布率 (分析値)  結果の平均化 【参考②】自己分析版の分析結果特徴 16 自己分析版は、採用版や仕事力評価版と違い、自分の強み・弱みを把握して成長に繋げることが目的であり、他人との優劣を測定することではないと考 えています。そのため、全体的に低い結果となって落ち込むこと、また、高い結果に慢心することがないように、分析結果を個人で平均化して表示しています。 採用版・仕事力評価版(分析結果を絶対値表示) 自己分析版(分析結果を平均化表示) 分析結果 (緑)を平均 化しても50に ならない。 分析結果 (緑)を平均 化すると50に なる。 平均(グレー)は、 これまでに蓄積した 全体データの平均値 分析結果(緑)の平均 = 50分析結果(緑)の平均 ≠ 50 他人と比較した良し悪しではなく、自分の中での強み・弱みを知る。POINT 50 50 分析結果 (緑)を平均 化しても50に ならない。 分析結果 (緑)を平均 化すると50に なる。 分析結果 (緑)を平均 化しても50に ならない。 分析結果 (緑)を平均 化すると50に なる。 50 50 50 50

仕事力評価シート(仕事力分析版限定)

 

 

2. 目標設定ワーク実施方法

自己分析診断テスト「ポテクト」 目標設定ワーク実施方法 目標設定ワークとは  目標設定プログラムは、自己分析診断テストに「目標設定」を組み合わせ たパッケージです。  自己分析診断テスト「ポテクト」よる客観的な資質の分析結果から、自分の目標設定を棚卸 しして、それを目標に落とし込みます。 目標設定ワーク 自己分析診断テスト 「ポテクト」 目標設定 目標設定ワークのメリット 目標設定ワークを実施するメリット  仕事で成果を出すために必要な人間力強化  自己分析診断テストによる客観的な資質の分析結果から目標設定をすることで、 仕事で成果を出すために必要な基礎部分を強化できる。  内省することで分析結果の理解が深まる  自己分析診断テストの結果を見るだけでは、一時的な理解で終わってしまうが、 その結果から目標を立てることで、自分の強み弱みと真剣に向き合う機会を作れる。  本当にやるべき目標設定が立てられる工夫  自己分析診断テストの結果を、棚卸し形式でなぜなぜなぜ…と自己分析することで、 自分が取り組むべき目標が自然に見えてくる。  なりたい自分を認識し、そうなるための行動レベルでの目標を立てることで、 目標達成する理由が明確になってくる。  目標達成のための工夫  半年後の目標に対し、ワクワクする目標設定を立てる工夫がされているため、 常に高い意識でアクションを実施できる。 目標設定実施手順 3.目標設定シートを使用(または同様のシートを作成) して目標を立てます。 2.目標棚卸しシートを使用(または同様のシートを 作成)して目標を考えます。 1.当方より目標棚卸しシート、目標設定シートを ご送付いたします。  目標棚卸しシートの作成手順  診断テストの分析結果を下記手順で自己分析することで今後の目標を設定します。 目標棚卸しシートの実施方法(1/6) ① 原 因 の 洗 い 出 し 診 断 テ ス ト の 分 析 結 果 ② 改 善 必 要 性 確 認 ③ 理 由 づ け ④ 理 想 目 標 設 定 ⑤ 行 動 目 標 設 定  ①原因の洗い出し  なぜそんな分析結果が出たのか、自分の経験をからその理由を紐付けます。 目標棚卸しシートの実施方法(2/6) 最後の行まで記入 分析結果に対し、思い当たる事・行動・習慣・癖をできるだけ多く書き出す  ②改善必要性確認  その資質を、今後強めていきたいか、弱めていきたいか、そのままでいいのか判断します。 目標棚卸しシートの実施方法(3/6) 最後の行まで記入 資質詳細と、その原因の洗い出し結果を見て、それを 強めたい(弱めたい)と思う場合は“〇”を記入  ③理由づけ  強めたい、または弱めたい理由を明確にすることで、取り組むべき事柄が見えてきます。 目標棚卸しシートの実施方法(4/6) 最後の行まで記入 強めたい(弱めたい)と思った理由を聞き出す  ④理想目標設定  資質を強めた(弱めた)後の、理想の自分を書き出すことで具体的にイメージします。 目標棚卸しシートの実施方法(5/6) 最後の行まで記入 強めたい(弱めたい)と思った理由が改善されたとき、自 分がどうなっていたいか(理想)を記入。可能な限りワク ワクする大きな目標を具体的にイメージして書き出します。  ⑤行動目標設定  目標達成のために半年間実施することを具体的な行動内容で書き出します。 目標棚卸しシートの実施方法(6/6) 最後の行まで記入 資質を強める(弱める)ために実際に取り組む行動目標を記入。 後で変更も可能なので、まずは思いつく限り書き出してみる。  目標設定シートの作成手順と利用方法  人としての成長目標を目標設定シートで管理します。 目標設定シートの作成・実施方法(1/2) 11 今後への取り組 み 達成したときに 周りにどんな感 動を与えられる か 短期理想目標: 半年後の成長目 標の項目 行動結果:周り に感動を与えら れるために実施 した行動 行動目標:周り を感動させられ るために取り組 むこと 自己評価 他人評価 自己評価の総評 他人評価フィー ドバック 長期理想目標: 3年後にどんな人 になっていたい か 短期理想目標: 半年後に人とし てどんな成長を しているか  企業向け目標設定シートの作成手順と利用方法  企業向けには、人間力だけでなく、業務と仕事力の目標も管理します。 目標設定シートの作成・実施方法(2/2) 12 3年後に会社でど んな存在になっ ていたいか 半年後にどんな 成長をしている か 会社から評価の フィードバック 達成したときに 周りにどんな感 動を与えられる か 人間力を磨くた めの目標 仕事力を磨くた めの目標 業務目標 周りに感動を与 えられるために 実施した行動 上司評価フィー ドバック 自己評価 上司評価 周りを感動させ られるために取 り組むこと 自己評価の総評

 

 

3. 強みストーリーワーク実施方法

自己分析診断テスト「ポテクト」 強みストーリーワーク実施方法 強みストーリーワークとは  自己分析診断テストの結果から、自分の強みを明確にして、人に伝えられ るようにします。 強みストーリーワーク 自己分析診断テスト ポテクト 強みストーリー 強みストーリーワーク利用のメリット 強みストーリーワークを実施するメリット  漠然としていた自分の強みが明確になる。  診断テストによる客観的な資質の分析結果から強みストーリーを作成するこ とで、ぼんやりとしていた自分の強みが明確になります。  自己理解が深まり、自信がつく。  強みの根拠やメリット・デメリットを深堀していくことで、自分強み・弱み の理解が深まり、自分の強みに自信が持てるようになります。  就職活動などで自己PRに活用できる。  質問項目を順番に埋めていくだけで、自分の強みをストーリーで伝える文章 を作成できるので、就職活動での自己PR等で活用できます。 強みストーリーシート作成手順 手順1 • 当方より強みストーリー作成シートを送付致します 手順2 • 診断された資質に基づく事柄を書き出します 手順3 • それらをまとめてストーリーを作成します  強みストーリー作成シート実施方法 診 断 テ ス ト 分 析 結 果 ① 原 因 の 洗 い 出 し ② 資 質 に 対 す る 強 み ④ 裏 づ け エ ピ ソ ー ド 5 ⑤自分の強みを伝えるエピソード ③ 資 質 に 対 す る 弱 み  強みストーリー作成シート実施方法(2/5)  ①原因の洗い出し  分析結果と自分の特徴(性格)を紐付け、資質が出現した理由を分析します。 6 分析結果に対して思い当たる習慣・行動・ 癖をできるだけ多く書き出す。  強みストーリー作成シート実施方法(3/5)  ②③資質に対する強み弱み分析  自分の強みだけでなく、裏側の弱みにも注目することが、結果として強みス トーリー作成に役立ちます。 7 その資質によって、自分や家族、友人や知人にどの ようなメリット・デメリットがあるか  強みストーリー作成シート実施方法(4/5)  ④裏づけエピソード  資質を証明できる自分のエピソードと紐付けることで、自分の強みを分かり やすく相手に伝えらえるようにします。 8 その資質の強みを証明できるエピソードを書き出 す(聞いた人が「それは良いね!」「変わってる ね」などと驚かれるものほど良い。 強みストーリー作成シート実施方法(5/5)  ⑤自分の強みを伝えるストーリー  書き出した内容から自分が気に入っている強みストーリーを作成します。1つ のストーリーは、1つの資質から書くと深い内容で書けるのでおすすめです。 9 これまでの記入内容から自分の強みストーリーを作成します。 内容は、1.結論→2.理由→3.具体例→4.結論の順番で書くと伝わりやすいです。

 

 

Pocket

PAGETOP
Copyright © POTENTIALIZE All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.