否定したい過去を今から肯定することはできる。


自分の人生を振り返ってみると、
やると言ってやってこなかったことが沢山あります。

私に限らず、多くの人にも思い当たることがあるかと思います。

この「やると言ってやってこなかったこと」は、
忘れたつもりでもふとしたきっかけで思い出し、
ずっと心の隅に残り続けるものです。

もしこのやれなかったことが、まだ心残りだとしたら、
今から行動することも決して遅くないのではないでしょうか。

たとえば、以前喧嘩別れしてしまった友達に、
言えなかった「ごめんね」は今からでも言えるはずです。

たとえば、一度きりの人生○○にしたいと思っていたことを、
今から始めることもできるはずです。

人は死ぬときに「○○をやっておけばよかった」という後悔を
感じることが多いようです。

もし悔いなく死ぬということが最高のゴールだとした場合、
その悔いを死ぬまでの間に少しでも減らすことが大切です。

そのためには、こらから後悔しない生き方をすることはもちろん、
これまでの人生での後悔を払拭することも必要だと思うわけです。

あの時できなかったことを、これからすることは、
周りからは「いまさら」だと思われるかもしれません。

自分の望んでいなかった結果に終わることもあるでしょう。

ですが、それをしたときの自分自身の心の開放は大きいと思います。

人からどう思われるかではなく、自分自身で納得することが大切です。

おそらく、その行動を見た周りもその行動に少し違和感を感じながらも、
必ず肯定的に受け入れてくれるはずです。

このブログを見たこの機会に、これまでの後悔をなくすために、
あの時できなかったことをやってみるのはどうでしょうか。

私も、半年くらい前にやると言ってできなかったあのことを、
今更ですが行動に起こしてみようと思います。

過去は今から変えることはできませんが、
否定したい過去を今から肯定することはできるのですから。

否定したい過去を今からでも肯定できる

今からでも遅くない!





診断テストの紹介

自己分析診断テスト「ポテクト」で強み・弱みを徹底分析! 無料版あり

自己分析診断テスト「ポテクト」で強み・弱みを徹底分析! 無料版あり

おすすめ本の紹介

自分の小さな「箱」から脱出する方法

身の周りの人間関係はすべて自分が原因で引き起こしている。それこそが、本書のいう「箱に入っている状態」である。「どうして彼は問題ばかり起こすのか?」「なぜパートナーは勝手なことばかり言いだすのか?」 こうした問題を、私たちは「相手の問題」と考えがちだが、本当の問題は「自分」にある。
読み進めるうちに、家庭や職場での人間関係を深め、十分な成果を出す環境を作る方法を学べる。世界的ベストセラーであり、日本でも25万人が読んで大反響を巻き起こした名著。

俺とオレ ~さよなら大嫌いな自分~

自分をよく見せたくてつま先立ちで歩き続ける。そんな日常を送ることに限界がきた俺は、胡散臭い男の紹介で「おばあちゃん」と暮らしはじめる。これまで抑圧してきた自分の内面と向き合い、導き出された答えとは……。仕事も恋も上手くいかない23歳の新社会人を変えた一夏の田舎暮らし。
人の目ばかり気になる、人間関係に疲れた、自分なんて大嫌いだ。そんなつま先立ちの人生から自分を解放しよう。

関連コンテンツの紹介