チャンスは自力で受け取りにいって、自力でチャンスを活用する。


自力でチャンスを掴む

自力でチャンスを掴む

チャンスが無いという人がいます。

ですが、よくよく話を聞いてみると、
そもそもチャンスが巡ってくるための行動はしていないですし、
チャンスが来てもそれを見過ごしてしまっているのです。

たとえば、彼女が欲しいけど、出会いがないという人がいます。

そんな人にかぎって、そういった人と出会える場所に出向かず、
自宅でウダウダしているわけです。

そして、偶然素敵な人に出会うチャンスがあったとしても、
自分には手が届かない、親密になれるタイミングないと言い訳をして、
結局そのチャンスを活かそうとしないのです。

つまり、チャンスが無いと言っているだけで、
実際は、チャンスを起こす確率を上げようとしていないですし、
そのチャンスを最大限に活かそうという覚悟がないのです。

チャンスをものにするためには、自分からのアクションが不可欠になります。

それをせずに、チャンスが無いと言う人は、
全て自分以外に原因があると言い訳をしているだけなのです。

つまり、心の底からチャンスをものにしたいと思っていないのです。

そんなことを書いている自分自身、言い訳をするタイプだったので、
アクションできない人の気持ちはとても分かります。

ですが、結局アクションしなければ何も変わらないのです。

自分自身、アクションをするようになって多くのチャンスが巡ってきました。

そして、そのチャンスを活かすこともできるようになってきたと感じています。

ですから、これを読んでいるあなたにも変わって欲しいと思い、
ここでこうやって書いているのです。

もしあなたが、なかなかチャンスが無いと思っているのなら、
それは、あなた自身が変わらないといけないということです。

積極的にアクションを起こしてチャンスが起こる確率を上げ、
そしてチャンスに対してアクションをして、それを最大限に活かすのです。

チャンスは誰にでも平等に与えられます。

ただ、それを自力で受け取りにいくか、
自力で活用できるかの違いがあるだけです。





診断テストの紹介

自己分析診断テスト「ポテクト」で強み・弱みを徹底分析! 無料版あり

自己分析診断テスト「ポテクト」で強み・弱みを徹底分析! 無料版あり

おすすめ本の紹介

自分の小さな「箱」から脱出する方法

身の周りの人間関係はすべて自分が原因で引き起こしている。それこそが、本書のいう「箱に入っている状態」である。「どうして彼は問題ばかり起こすのか?」「なぜパートナーは勝手なことばかり言いだすのか?」 こうした問題を、私たちは「相手の問題」と考えがちだが、本当の問題は「自分」にある。
読み進めるうちに、家庭や職場での人間関係を深め、十分な成果を出す環境を作る方法を学べる。世界的ベストセラーであり、日本でも25万人が読んで大反響を巻き起こした名著。

俺とオレ ~さよなら大嫌いな自分~

自分をよく見せたくてつま先立ちで歩き続ける。そんな日常を送ることに限界がきた俺は、胡散臭い男の紹介で「おばあちゃん」と暮らしはじめる。これまで抑圧してきた自分の内面と向き合い、導き出された答えとは……。仕事も恋も上手くいかない23歳の新社会人を変えた一夏の田舎暮らし。
人の目ばかり気になる、人間関係に疲れた、自分なんて大嫌いだ。そんなつま先立ちの人生から自分を解放しよう。

関連コンテンツの紹介