葛藤と決断

葛藤と決断

誰しも同じ「1日」という名前の「引き出し」を持っています。

その大きさは決められており、標準で6×4の24箇所に分かれる仕切りがあります。

大切なモノを入れることもできますし、ガラクタを入れることもできます。
また、モノを入れないでカラにしておくことも可能です。

仕切りを増やし、入れられる個数を増やすことはできますが、
それぞれのスペースが小さくなることになります。

大きなモノを入れようと思えば、仕切りを減らす必要があります。

つまり、どうやって仕切り、そこに何を入れるかで、
その「1日」という引き出しの価値が決まってくるということです。

必要なモノを入れたいと考えた場合は、どうしても今まで入っていたモノを
捨てないといけません。

引き出しの大きさは、絶対に変えることができないため、
何を入れて何を捨てるのかが重要になってきます。

そのために、仕切りの数をどのように変更するがも重要です。

大きなモノを入れるためには、これまで入れていたモノを沢山捨て、
仕切りの数を減らすことが絶対条件です。

そこには大切だったモノも捨てる苦渋の選択が求められます。

ですが、そこを捨てない限りは、大きなモノは入らないのです。

人は、大切なものをそう簡単には捨てられません。

そのため多くの人が、大きなモノを入れることを諦めてしまうのです。

人によっては、大きなものを分解して小分けに入れる人もいます。

ですが、分解したものがすべて入るまでには、
既に入っているものが不要になるまでの期間が必要となるわけです。

それでは、すべてが入る前に、外に出していたものが傷ついたり、
ときには紛失してしまう結果を招くことなってしまいます。

「1日」とう引き出しは、有限です。

そこに何を入れるか、何を捨てるかでその価値が決まります。

大きなモノを入れるには、大切なモノでも捨てる勇気と覚悟が必要です。





診断テストの紹介

自己分析診断テスト「ポテクト」で強み・弱みを徹底分析! 無料版あり

自己分析診断テスト「ポテクト」で強み・弱みを徹底分析! 無料版あり

著書の紹介

俺とオレ ~さよなら大嫌いな自分~

自分をよく見せたくてつま先立ちで歩き続ける。そんな日常を送ることに限界がきた俺は、胡散臭い男の紹介で「おばあちゃん」と暮らしはじめる。これまで抑圧してきた自分の内面と向き合い、導き出された答えとは……。仕事も恋も上手くいかない23歳の新社会人を変えた一夏の田舎暮らし。

おすすめポイント:人の目ばかり気になる……。人間関係に疲れた……。自分なんて、大嫌いだ……。そんなつま先立ちの人生から解放されるようになります。
http://amzn.to/2FPl2eN

この記事を書いた人

藤浦 隆雅ポテンシャライズ 代表 / 藤浦就活塾 塾長
採用・就活アドバイザー / ポテンシャライザー(潜在能力を引き出す人)
愛知県を中心に、学生の生きがい就職の支援、人が笑顔になれる職場づくりの支援、人が資質を活かし伸ばせる社会づくりの支援に取り組んでいる。
Pocket