書き初めに変わる、年始の目標設定。


書き初め

書き初め

ありがたいことに、年末から年始にかけて、
普段よりも多くの方から自己分析診断テストのお申し込みがあります。

年が変わるということは大きな節目であり、自分を見つめ直し、
目標を設定する良い機会と考えている方が多いということでしょうか。

たしかに日常に追われていると、なかなか自分自身と向き合う時間が取れません。

この年末年始というタイミングは、気持ちをリセットして、
新しい気持ちをセットするには絶好の機会になるはずです。

子供の頃は、書き初めという年始に1年の目標を立てる行事がありました。

ですが、大人になってからも書き初めをしている方は、ほとんどいません。

そして、多くの大人が1年の目標を立てないまま1年がスタートして、
そのまま1年が目標がないまま「アッという間」に終わってしまうのです。

それはとても勿体無いことだと思います。

もちろん1年の目標を立てても、それが達成できるとは限りません。

ですが、1年の目標を立てない限り、頑張って何かを成し遂げることは、
絶対にできないと思います。

ですから、目標を達成できる、達成できないではなく、
目標をまず立てることに価値があるわけです。

年末年始は、自分を見つめ直し、目標を立てるには良い機会です。

書き初めをやるという習慣がなくなってしまった大人の方は、
自己分析診断テストを使って新年の目標設定をしてみてはいかがでしょうか。





診断テストの紹介

自己分析診断テスト「ポテクト」で強み・弱みを徹底分析! 無料版あり

自己分析診断テスト「ポテクト」で強み・弱みを徹底分析! 無料版あり

おすすめ本の紹介

自分の小さな「箱」から脱出する方法

身の周りの人間関係はすべて自分が原因で引き起こしている。それこそが、本書のいう「箱に入っている状態」である。「どうして彼は問題ばかり起こすのか?」「なぜパートナーは勝手なことばかり言いだすのか?」 こうした問題を、私たちは「相手の問題」と考えがちだが、本当の問題は「自分」にある。
読み進めるうちに、家庭や職場での人間関係を深め、十分な成果を出す環境を作る方法を学べる。世界的ベストセラーであり、日本でも25万人が読んで大反響を巻き起こした名著。

俺とオレ ~さよなら大嫌いな自分~

自分をよく見せたくてつま先立ちで歩き続ける。そんな日常を送ることに限界がきた俺は、胡散臭い男の紹介で「おばあちゃん」と暮らしはじめる。これまで抑圧してきた自分の内面と向き合い、導き出された答えとは……。仕事も恋も上手くいかない23歳の新社会人を変えた一夏の田舎暮らし。
人の目ばかり気になる、人間関係に疲れた、自分なんて大嫌いだ。そんなつま先立ちの人生から自分を解放しよう。

関連コンテンツの紹介