心の距離と、そのときの感情を知る。


反発を好意的に捉える

反発を好意的に捉える


違うところから、違うものを見ているのは 無関心

違うところから、同じものを見ているのは 関心・反発

同じところから、同じものを見ているのは 好意・共感

同じところから、違うものを見ているのは 愛情・信頼

私は心の距離感をこのように定義しています。

ポイントは、反発は無関心よりも心の距離が近く、
好意・共感の手前にあるということです。

つまり、反発を感じるということは、それはその人に関心があることであり、
それを乗り越えれば、好意や共感に変わる可能性があるということです。

私自身、今とても仲良くしている友達の何人かは、
初対面のときに印象が悪く、反発していましたが、
あるきっかけで好意・共感に変わったという経緯があります。

つまり、反発を覚えるというのは、見方を変えてやれば、
深い関係になれるチャンスということでもあるわけです。

そのように前向きに考えられるようになると、
人への反発を好意的に捉えることができるようにもなるのです。

自分が相手とどのくらいの距離があり、
そのときにどんな感情が芽生えるかを知っておくと、
対人関係が上手くいくようになってきます。

反発を悲観的ではなく、好意的に捉えられるようになると、
人を許せるようになり、自分を許せるようになります。

その結果、人生が楽しくなってくるのです。





診断テストの紹介

自己分析診断テスト「ポテクト」で強み・弱みを徹底分析! 無料版あり

自己分析診断テスト「ポテクト」で強み・弱みを徹底分析! 無料版あり

おすすめ本の紹介

自分の小さな「箱」から脱出する方法

身の周りの人間関係はすべて自分が原因で引き起こしている。それこそが、本書のいう「箱に入っている状態」である。「どうして彼は問題ばかり起こすのか?」「なぜパートナーは勝手なことばかり言いだすのか?」 こうした問題を、私たちは「相手の問題」と考えがちだが、本当の問題は「自分」にある。
読み進めるうちに、家庭や職場での人間関係を深め、十分な成果を出す環境を作る方法を学べる。世界的ベストセラーであり、日本でも25万人が読んで大反響を巻き起こした名著。

俺とオレ ~さよなら大嫌いな自分~

自分をよく見せたくてつま先立ちで歩き続ける。そんな日常を送ることに限界がきた俺は、胡散臭い男の紹介で「おばあちゃん」と暮らしはじめる。これまで抑圧してきた自分の内面と向き合い、導き出された答えとは……。仕事も恋も上手くいかない23歳の新社会人を変えた一夏の田舎暮らし。
人の目ばかり気になる、人間関係に疲れた、自分なんて大嫌いだ。そんなつま先立ちの人生から自分を解放しよう。

関連コンテンツの紹介