やることが目的ではありません。

目的のためにやるのです。

これはとても重要なことです。

ですが、多くの人がやることが目的になっています。

学生時代の勉強にしても、
どれだけの人が目的のために勉強をしていたでしょうか?

宿題をやることが目的。

授業を聞くことが目的。

塾に通うことが目的。

そんなことになっていませんでしたか?

仕事も同じです。

プレゼン資料を作ることが目的。

営業先を訪問することが目的。

社員教育をすることが目的。

そんなことになっていませんか?

人は本来、目的のためにやるのです。

それなのに、知らず知らずのうちに、
やることが目的になってしまうのです。

その原因は、主体的に行動していないことです。

多くが、やらされているという感覚を持っているのです。

勉強も、親に言われてやっている。

仕事も、上司に指示されてやっている。

そんな感覚があるのではないでしょうか。

当たり前ですが、目的のためにやる人と、
やることが目的の人では、成果に雲泥の差が出ます。

やることが目的の人は、効率が悪いため、
成果もなかなか上がりません。

つまり、やることが目的になっている状態は、
とても時間を無駄に使っている状態になるのです。

それは、やることが目的になっている人は、
人生を損していると言ってもいいかもしれません。

時間は有限で、平等に与えられます。

有限の時間を無駄なく使うためにも、
何となくやらず、目的のためにやってください。

人生は、何となく行動することに
どれだけ時間を費やしたかではありません。

人生は、目的のために行動することに
どれだけ時間を費やしたかだと思います。

同じ時間の濃度を濃く出来るのは自分の考え方だけです。

することが目的になるのをやめてください。

すべて目的のためにするのです。

時間を無駄に使わない

時間を無駄に使わない


自己分析診断テスト「ポテクト」で強み・弱みを徹底分析! 無料版あり

自己分析診断テスト「ポテクト」で強み・弱みを徹底分析! 無料版あり



この記事を書いた人

藤浦 隆雅ポテンシャライズ 代表 / 藤浦就活塾 塾長
採用・就活アドバイザー / ポテンシャライザー(潜在能力を引き出す人)
愛知県を中心に、学生の生きがい就職の支援、人が笑顔になれる職場づくりの支援、人が資質を活かし伸ばせる社会づくりの支援に取り組んでいる。
Pocket