ビジネス書、自己啓発本、実用書

ビジネス書、自己啓発本、実用書

みなさんは、本が好きですか?

ここで言う本とは、漫画や小説とかではなく、ビジネス書や自己啓発本などの実用書のことです。

私は、こういう自分の成長に繋がる本を読むことが好きです。

1ヶ月で数冊も読む人がいるので、そんな方々と比べたら圧倒的に少ないですが、

それでも時間があるときにコツコツと読んでます。

本は、その著者の人生かけて経験してきた想いを凝縮したモノなのに、

たった1000~3000円くらいで、しかも数時間でその想いを知ることができるわけです。

冷静に考えてみると、凄いお得ですよね。

TVなどは時間がかかるわりには得るものは少ないですが、

本は十分な厚みと濃度があるわけですから。(内容の薄い本もありますが…)

ですが、今回は「だからみんな本を読もう!」と言いたいわけではありません。

「そんな本を読んでいる向上心のある友達を沢山つくろう!」と言いたいのです。

本は、いくら闇雲に読んでも、現在自分が必要としていることでなければ心に入ってこないと思います。

それなのに、五万とある本の中から自分の感でチョイスして、当たりを引かないといけないわけです。

これはどう考えてもとても非効率です。

ですが、周りに本を読んでいる友達が沢山いると、

自分が今必要としていることに応じて「本から得た情報(+その人の価値観)のアドバイス」を

友達の引き出しの中から選択して教えてくれるわけです。

それって、凄いことだと思いませんか?

いや、凄いことです。

 

つまり、本を沢山読むことも大切だとは思いますが、

本を読んでいる向上心のある友達を沢山つくることの方がもっと大切だということです。

ですが1つ問題があります。

それは、そんな向上心のある友達は、自分にも向上心がないと引き寄せられないということです。

つまり、自分も相手に必要とされるような人に成長している必要もあるわけです。

そうなると、やはり自分でも本を読むことが必要になるわけです…

結局のところ、本を読む向上心のある友達をつくること、そして自分も本を読むこと、

このどちらも大切だということになります。

なお、自分が成長して、自分を成長させてくれる仲間が集まると、ただ効率的に成長できるだけでなく、

お互いに高め合う意識が生まれ、その相乗効果で加速度的に成長できることになります。

 

個人的に思っていることは、自分の成長に欠かせないのは、向上心のある友達だと思っています。

 

さあ、本を沢山読んで成長し、そして同じように向上心のある仲間を沢山つくりましょう。


自己分析診断テスト「ポテクト」で強み・弱みを徹底分析! 無料版あり

自己分析診断テスト「ポテクト」で強み・弱みを徹底分析! 無料版あり



この記事を書いた人

藤浦 隆雅ポテンシャライズ 代表 / 藤浦就活塾 塾長
採用・就活アドバイザー / ポテンシャライザー(潜在能力を引き出す人)
愛知県を中心に、学生の生きがい就職の支援、人が笑顔になれる職場づくりの支援、人が資質を活かし伸ばせる社会づくりの支援に取り組んでいる。
Pocket