就職活動の自己分析では、客観的な自分の強み・弱みを知ることが大切です。自己分析診断テスト「ポテクト」は、あなたの資質を主観と客観の両面から徹底的に分析します。

社員教育に多面評価(360度評価)を活用 ~自己理解・メンバー理解を深める720度評価~

  • HOME »
  • 社員教育に多面評価(360度評価)を活用 ~自己理解・メンバー理解を深める720度評価~

多くの大手企業から選ばれている社員研修向け自己分析テスト「ポテクト」

 

 

社内教育で、社員やチームにこんな変化を望んでいませんか?

  • 個人が気づいていない強みを理解して、新しい分野にチャレンジ!
  • メンバー同士がお互いの個性を理解した、相互扶助できる強固なチーム!
  • 社員の隠れた特性を理解して、組織の最適化による成果の最大化!

そこでおすすめしたいのが、自己分析診断テスト「ポテクト720」です。

今回ご紹介する自己分析診断テスト「ポテクト720(セブンツー)は、メンバー同士をお互いに評価し合う360度評価に、さらに膨大な統計データに基づいた適性診断による客観的な360度評価を加えた、業界初の720度評価です!

メンバーから360度+統計から360度=720度評価

これまでの社内メンバーだけによる360度評価の問題である「表面上の特性しか評価されない」を解決した、「表面上の特性と潜在する特性の外面と内面のW評価」が可能となります。
これにより、これまで以上に深くて的確な個人の自己理解とチームの相互理解を促進、そして組織の最適化成果の最大化を実現します!

社員の自己理解メンバーの相互理解組織の最適化成果の最大化

活用方法は様々なケースで考えられますが、例えば、新人研修で相互理解を深めるワークショップから、管理職と部下で強み・弱みをお互いに共有し合う部内研修まで幅広くご活用いただけます。

もちろん実際の効果が気になると思いますので、まずは導入担当者数名によるお試し実施をおすすめしています。
研修カリキュラムでお困りの方や、研修で使える自己分析や多面評価ツールを探している方、まずはお気軽にお問い合わせください。

 

ポテクト720 開発の背景

ポテクト720は、通常のポテクトを社員研修で導入いただけた大手企業から「ポテクトの統計による客観的な評価だけでなく、メンバーによる多面評価も同時にできないのか?」というご要望により新規開発したサービスとなります。

 

ポテクト720こだわり

1. 分析結果が分かりやすく深い!
2. 自己理解のズレが一目瞭然!
3. 社員研修で使いやすい!

 

1. 分析結果が分かりやすく深い!

多面評価シート+統計評価シートで本格的に自己理解!

メンバーからの評価が一目で分かる多面評価シート2枚と、膨大な統計データから算出される詳細な統計評価シート6枚自己理解をとことん深めることができます。

多面評価シート

統計評価シート

資質概要シート系統別評価シート詳細分析シートジョハリの窓シートアドバイスシート1アドバイスシート2

 

2. 自己理解のズレが一目瞭然!

「評価者別チャート」と「自己理解との差異ランキング」でズレが明確!

 自己評価とメンバーからの(他者)評価を重ね合わせて比較表示させること、そのズレ具合をランキング表示することで、自己理解のズレが見えてきます。

この結果を見て「なぜズレているのか? 」という疑問にアプローチすることが自己理解に繋がります。
「もしかして、自分は〇〇かもしれない?」「そういえば〇〇な部分は当てはまる。」という自問自答が固定観念を壊して視野を広げます。

チーム内でそれぞれが自己理解のズレを理解することで、強み弱みの相互理解、社内コミュニケーション円滑化とチーム成果の最大化に繋がります。

 

3. 社員研修で使いやすい!

ワークショップに使いやすいジョハリの窓シート

ジョハリの窓シートジョハリの窓シートでは、自己評価と客観的評価の組み合わせで、資質の状態を4つに分類しています。

  • 自他共に認める強みである「確信できる資質」
  • 過小評価してい可能性がある「控え目な資質」
  • 過大評価している可能性がある「気づかれにくい資質」
  • 自他共に認める弱みである「眠っている資質」

この分類された4つの状態にアプローチすることで、各種ワークショップをすることができます。

  • 「確信できる資質」・・・確信できる強みをどうやって仕事に活かすか? など…
  • 「控え目な資質」・・・自分が思っているよりもその資質が高いとしたとき、どんな可能性があるか? など…
  • 「気づかれにくい資質」・・・自分が思っているよりもその資質が低いとしたとき、他人に誤解を与えていないか? など…
  • 「眠っている資質」・・・弱みを今後どうしていきたいか? 仕事ではどのように補うか? など…

>> ジョハリの窓とは…

社員研修に使える各種ワープショップシート

あらかじめ用意されているワークショップシートを利用することで、さらなる自己分析・自己理解に繫がります。

「多面評価ズレ分析シート」で、ズレを理解してチーム内コミュニケーションを円滑化!

  • 自分と他者からのズレを深く理解して、気づきを踏まえた今後の行動目標が設定できます。

「目標棚卸シート」「目標設定シート」で、さらに深い自己分析と目標設定!

  • 自分の強み・弱みを深く理解しながら人間力を高めるための目標設定ができます。

目標棚卸しシートサンプル目標設定シートサンプル

「業務における自己特性棚卸しシート」で、立場ごとの自己特性の活用検討!

  • 社員・リーダー・管理職など立場ごとで自分の強みをどのように活かし、弱みをどのように補うべきか考えることができます。

「強みストーリー作成シート」で、自分の強みを相手に伝える「強みストーリー」を作成!

  • 強みの根拠を明確して、その具体例などと紐づけることで自分の強みを簡潔に伝える文章が作成できます。

事業における自己特性棚卸シート強みストーリー作成シート

 

導入から実施までの流れ

お問い合わせから発注まで

導入検討企業とポテクトのやり取り お問い合わせ → お問い合わせ内容確認 → 資料確認・お試し実施 → お試し実施結果出力 → 分析結果確認 → お見積り作成 → 導入検討

発注後からお支払いまで

実施企業とポテクトのやり取り テスト実施時期・実施方法検討 → 実施準備 → テスト実施 → 分析結果出力 → 社内研修分析結果活用 → ご請求書作成 → お支払い処理

 

実施方法

マークシート or WEB(パソコン・スマホ)で実施可能

スマホでもパソコンでも実施可能

  • 研修などで大勢を一度に実施する場合はマークシート版、事前に個別実施したい場合はパソコン・スマホによるWEB版がおすすめです。
  • マークシート版、WEB版ともに、30分程度で実施可能です。

※マークシート版は、当方よりPDFをお送りして印刷していただく方法と、当方にて印刷させていただいた用紙をお送りする方法がございます。印刷の場合は、印刷にかかる費用をご負担いただきます。

※分析結果につきましても、PDFと印刷をお選びいただけます。マークシートに、印刷の場合は印刷費用が必要となります。

 

導入企業のご意見・ご感想

実施いただいた企業の人事担当者様からは、「診断結果がとても的確で分かりやすいのはもちろん、社員研修のワークショップでとても使いやすいとの声をいただけています。

ポテクト720導入担当者様の声

  • メンバー間で、本テストの結果を業務外でも話し合うなど、コミュニケーションが活発になった。
  • メンバー複数人で業務をする際など、相手がどういうタイプなのかを踏まえて業務指示をするよう意識するようになった。
  • お互いがどのような分析結果だったかを話しながら、長所は活かして、足りないところを改善していくことと、得意不得意によって役割分担(協力体制)を進める話ができた。
  • 良い点も足らない点も頭では分かっていながらそのままにしていたことが、改めて書面で見ることで再確認でき、今後の改善を後押しされているように感じました。

 

大手製薬メーカー(新人研修で2年連続で導入)

お客様の声1

Q1:自己分析診断テストPOTECTを導入する前にどんなことに悩んでいましたか?
自己理解を促す方法

Q2:何がきっかけで、この自己分析診断テストを知りましたか?
自己分析を実施すること(自己認知させる必要がある)

Q3:この商品を知ってすぐに申し込みましたか? しなかったとしたらなぜですか?
申し込みではなく、問い合わせ実施。109人の大規模な人数で実施するため、事前にどのような内容か知りたい。

Q4:何が決めてとなって、この商品を申し込みましたか?
pdf、PPTなど、事前に見れたこと。結果イメージがわいた。

Q5:実際に導入してみていかがですか?
質問が少しカジュアルな様子もしたが、結果は主観的・客観的なものもあり良かったです。ジョハリの窓もよかったです。

 

大手印刷会社(部内研修で2年連続で導入)

Q1:この商品を導入する前にどんなことで悩んでいましたか?
自分が主催する本部内研修において、部下の個々の自分の性格を客観的に知ってもらい、のばすところはよりのばし、直すべきところは改善し、仕事に活かしてほしいと思ってましたが、そのような診断テストがなかった。

Q2:どのような経路で、この商品にたどり着きましたか?
教育の担当でもある総務部長に相談したところ、本診断テスト「ポテクト」の紹介があった。

Q3:この商品の導入検討時に、どのような障壁(課題や不安)がありましたか?
無料おためしセットもあったが、それでは今回実施したいところまで至らないことがわかり、やはり費用面の負担が大きな障害となった。

Q4:何が決めてとなって、この商品を申し込みましたか?
費用面の相談ができたことにより、思いきってすすめることができました。

Q5:この商品をどのように活用されましたか?
個人には診断テスト後のフィードバックデータを送り、統計別評価シートで資質を理解させ、特にジョハリの窓シートの4つの窓で自分の評価を確認させた後、そられに対するアドバイスシートにより、今後どう改善すべきかを見てもらう。次に、強みストーリー作成シートと目標棚卸シートのうち、ジョハリの窓のうち左上の確信できる脂質と右下の眠っている資質について実際に資料をつくってもらい、フィードバックデータを送ってから20日後にテストを受けた1人1人に発表させた。

Q6:実施に利用してみて、良かった点は何ですか?
前半期に私も含め7名実施して発表会をしたところ、全員自分の資質がばっちり適合しておりびっくりした。また1人1人発表することでやりっ放しでなく少しは自分をみつめることができたと思う。後半期には前半期のうわさを聞き、自分のポケットマネーでもいいのでやりたい人が8名おり、全員で14名でテストを受験させてもらった。

Q7:もっと良くなるための改善点は何ですか?
仕事力評価シートは、実際に会社で勤務している人に対し、仕事で成果を出せる確率がでるため、良い人には効果があるが、悪い評価の人には、やる気が低下するおそれがあるため、前半期の発表には使用しなかった。また、後半期のテストにははずさせてもらった。

 

ご利用料金

 

 

お問い合わせ

準備中

Pocket

PAGETOP
Copyright © ポテンシャライズ(POTENTIALIZE) All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.