与えているのに返ってこない…

 

「ギブアンドテイク」「情けは人の為ならず」

こんな言葉を子供の頃から聞かせれて、それを守って与えている…

それなのに、何で返してくれない人がいるんだろう…
あいつは、性格が悪いんじゃないか…

そんな悶々とした気持ちになることってありますよね…

 

本来、与えたら返ってくるものです。

 

例えば…

  • 話を聞いて欲しいなら、自分が話を聞く。
  • 信頼して欲しいなら、自分が信頼する。
  • 優しくしてほしいなら、自分が優しくする。
  • 手を差し伸べてほしいなら、自分が手を差し伸べる。
  • 笑顔になってほしいなら、自分が笑顔になる。
  • 愛されたいなら、自分が愛す。

このように、本来は人間関係は与えれば与えられるものです。

 

なかには、与えもしないのに相手が与えてくれないと悩んでいる人もいますが、自分が与えもしないのに、相手が与えてくれることを期待してはいけません。

そんな存在がいるとすれば、おそらくそれは自分の親だけでしょう。

親の無償の愛は、それだけ凄い特別なものです。

 

では、なぜ与えても返してくれない人がいるのでしょうか?

 

おそらくそれは、相手の心が愛情で満たされていないためだと思います。

それはどういうことかというと…

 

人は、愛情で満たされていれば、与えられたことに感謝し、それを相手にも与えてあげたいと思える心の余裕があります。

しかし、愛情で満たされていないときは心に余裕がなく、感謝していたとしても、相手に上手に返すことができないのです。

 

ですから、返ってこないことに怒りを感じてはいけません。

心が満たされていないと、相手の気持ちを汲んであげてください。

 

では、そんな人にどのように付き合ったらいいのでしょうか?

それは、親のように見返りを求めず与え続けることしかありません。

そうすることで、相手の心が愛情で満たされたとき、自然に返ってくるようになるのです。

 

そうはいっても、相手の心が満たされるまでにかなり時間がかかるかもしれません。

そのため、はじめから相手に見返りを求めて与えてはいけないと考えた方が気持ちが楽になれます。

見返りを求めていると、返ってこないときにどうしても自分の心が苦しくなり、次第に相手との関係を悪化させることになってしまうからです。

 

本来、与える目的は見返りではなく、与えたら与えてくれるような良好な関係の構築であるはずです。

見返りをくれたら相手を認めてあげようという自分都合の気持ちがあるから、与えてくれない相手にストレスを感じるのです。

見返りを求めずに相手に与えることができる自分を褒めてやり、そんなことができる、心の余裕が持てる自分の環境に感謝できれば、与えてくれない相手を素直に受け入れることができるはずです。

 

良好な人間関係を築くために、親のような無償の愛情を与え、無償で与えることができる自分を褒めてあげることです。

その姿勢でいれば、ストレスを感じずに、自然に良好な人間関係を築くことができます。


自己分析診断テスト「ポテクト」で強み・弱みを徹底分析! 無料版あり

自己分析診断テスト「ポテクト」で強み・弱みを徹底分析! 無料版あり



この記事を書いた人

藤浦 隆雅ポテンシャライズ 代表 / 藤浦就活塾 塾長
採用・就活アドバイザー / ポテンシャライザー(潜在能力を引き出す人)
愛知県を中心に、学生の生きがい就職の支援、人が笑顔になれる職場づくりの支援、人が資質を活かし伸ばせる社会づくりの支援に取り組んでいる。
Pocket