与えているのに返ってこない……。

 

「ギブアンドテイク」「情けは人の為ならず(※1)

(※1:人に親切にすれば、その相手のためになるだけでなく、やがてはよい報いとなって自分にもどってくる)

こんな言葉を子供の頃から聞かされて、それを守って与えているのに対人関係が思い通りにいかないことってありますよね。

あいつは、どれだけ与えても返してくれない……。
あいつは、もしかしたら性格が悪いんじゃないか……。

そんな悶々とした気持ちになることもあるかと思います。

 

そもそも、本来は与えたら返ってくるものです。

 

その考えは間違ってはいません。例えば……。

  • 話を聞いて欲しいなら、自分が話を聞く。
  • 信頼して欲しいなら、自分が信頼する。
  • 優しくしてほしいなら、自分が優しくする。
  • 手を差し伸べてほしいなら、自分が手を差し伸べる。
  • 笑顔になってほしいなら、自分が笑顔になる。
  • 愛されたいなら、自分が愛す。

このように、本来は人間関係は与えれば与えられるものです。

 

なかには、与えもしないのに相手が与えてくれないとわがままを言う人もいますが、自分が与えもしないのに相手が与えてくれることを期待してはいけません。

そんな存在がいるとすれば、おそらくそれは自分の親だけでしょう。

親の無償の愛は、それだけ凄い特別なものです。

 

では、なぜ与えても返してくれない人がいるのでしょうか?

 

様々な理由があると思います。

ですが、その多くは、相手の心が愛情で満たされていないためではないでしょうか。

それは、どういうことかというと……。

 

人は、愛情で満たされていれば、与えられたことに感謝し、それを相手にも与えてあげたいと思える心の余裕があります。

しかし、愛情で満たされていないときは、感謝していたとしても、心に余裕がなくて相手に上手に返すことができないということです。

 

ですから、与えても返ってこないことに対し、すぐに怒りを感じてはいけません。

もしかしたら、「心が満たされていないのかもしれない」と相手の気持ちを汲んであげてください。

 

与えても返してくれない人との付き合い方

 

では、そのような人たちとは、どう付き合ったらいいのでしょうか?

 

それは、親のように見返りを求めず与え続けることです。

そうすることで、相手の心が愛情で満たされたときに自然に返ってくるようになるのです。

 

親でもないのに、そんなことはできないと思うかもしれません。

たしかに、与え続けたとしても、相手の心が満たされるまでにかなり時間がかかるでしょう。

それでも、与え続けるしかないのです。

 

そもそも、「与えたら返してもらえることを前提に人間関係を構築することは健全ではない」と気がつくことが大切です。

実は、はじめから相手に見返りを求めてはいけないと考えた方が気持ちが楽になれるのです。

見返りを求めていると、返ってこないときにどうしても自分の心が苦しくなり、結果として相手との関係を悪化させることになってしまうからです。

 

自分を褒められるようになる

 

本来、与える目的は見返りではなく、自分が与えたいという親切心や真心であるはずです。

それなのに、「与えたら返してもらえるものだ」という「常識」という名の暗黙のルールがあることで、いつからか与えてくれない相手にストレスを感じるようになってしまったのです。

 

そうは言っても、返してくれない人と良好な関係を築くことは難しいですよね……。

そんなときは、相手に見返りという感謝を求めずに、相手に与えることができる自分を褒めてやることです。

そんなことができる、心の余裕がある自分に感謝できれば、与えてくれない相手を素直に受け入れることができるはずです。

 

まとめ

 

良好な人間関係を築くために、親のような無償の愛情を与え、無償で与えることができる自分を褒めてあげることです。

その姿勢でいれば、与えられないことにストレスを感じずに、自然に良好な人間関係を築くことができることでしょう。





診断テストの紹介

自己分析診断テスト「ポテクト」で強み・弱みを徹底分析! 無料版あり

自己分析診断テスト「ポテクト」で強み・弱みを徹底分析! 無料版あり

著書の紹介

俺とオレ ~さよなら大嫌いな自分~

自分をよく見せたくてつま先立ちで歩き続ける。そんな日常を送ることに限界がきた俺は、胡散臭い男の紹介で「おばあちゃん」と暮らしはじめる。これまで抑圧してきた自分の内面と向き合い、導き出された答えとは……。仕事も恋も上手くいかない23歳の新社会人を変えた一夏の田舎暮らし。

おすすめポイント:人の目ばかり気になる……。人間関係に疲れた……。自分なんて、大嫌いだ……。そんなつま先立ちの人生から解放されるようになります。
http://amzn.to/2FPl2eN

この記事を書いた人

藤浦 隆雅ポテンシャライズ 代表 / 藤浦就活塾 塾長
採用・就活アドバイザー / ポテンシャライザー(潜在能力を引き出す人)
愛知県を中心に、学生の生きがい就職の支援、人が笑顔になれる職場づくりの支援、人が資質を活かし伸ばせる社会づくりの支援に取り組んでいる。
Pocket